2015年11月16日

今年のコートの新法則。ウール素材がビックトレンド、本命チェスターと甘めダッフルをチェック

トが欠かせないシーズンが到来。この冬、チェックすべきコートはやっぱり「本命チェスター」と「甘めダッフル」。素材はここ数シーズン、ウール素材がトレンド。そして今シーズンは、ウールと言っても、織のやわらかいふんわりとした素材感のウールコートがそろう。

11月初旬から12月にかけて、コートの需要が高まる伊勢丹新宿店の婦人服担当バイヤーに、今年のトレンドコートの傾向を聞いた。「今年の春夏からガウチョパンツが支持されたように、秋冬もシルエットとしては身体から離れるコンフォータブル感がポイントになりそう」と担当バイヤー。そこで、今年のコートの傾向をいくつか紹介したい。

■チェスターは、大きめシルエットと膝下丈が新鮮

かっちりとした織地にタイトなシルエットでマニッシュなイメージもあったチェスターコートだが、ここ数年続くトレンドでチェスターコートのバリエーションも広がってきた。エンフォルド(ENFOLD)は、ドロップショルダーにダブルボタン、丈も長めのボリュームシルエットのチェスターコート(6万8,000円)を提案。また、ビューティフルピープル(beautiful people)やニードルデザイン(NEEDLE DESIGN)などからも、着丈が80センチから100センチを越えるような様々な丈のチェスターコートがラインアップされる。

そんなチェスターコートに合わせるべきアイテムは、バイカラーのレースアップシューズに代表されるようなボリュームのあるフラットシューズや裾幅のあるボトムスがオススメ。

■永遠の定番ダッフルコートは、ディティールで個性をプラス

今季のダッフルコートは、ファー使いやトグルの素材にこだわったりと、大人が着られるダッフルコートが数多く登場。裾がフリル仕立てになっていたり、フードのないシンプルなシルエットのアイテムが登場したり、自分のスタイルにあった一着に出会うことができそう。

ブルーレーベル クレストブリッジ(BLUE LABEL CRESTBRIDGE)は、ライトブルーが新鮮なダッフルコート(6万9,000円)を提案。また、ポール & ジョー シスター(PAUL & JOE SISTER)からは、フードに小さな猫耳が付いたショート丈のダッフルコート(6万9,000円)が登場。

大人なダッフルコートは、ワンピースやミニスカートとの相性も抜群。シンプルにタイツやブーツをスタイリングして、フェミニンな冬スタイルを楽しむことが出来そうだ。

■コートに合わせる小物は「赤」に注目

前述のバイヤーによれば「今シーズンは、キャメルやワインレッドなど赤みのある小物の動きがいい。また、ファー素材のシューズやニットもスタイリングの幅を広げるキーアイテムになりそうだ」とコメント。

ロングチェスターで新感覚のシルエットを楽しむもよし、冬のスタイリングを彩る大人ダッフルを着こなすもよし。今年のスタイリングを完成させる、自分らしい1着を探してみては。
posted by 洋子 at 18:48| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。